top of page
検索

【お悩み別】背中の脂肪・セルライトのケア


.

年齢が一気にばれる部位1位🏆

背中・背肉  です。・

■背中の脂肪(体質)

冷え性体質の方は背中が太くなりやすい傾向があります。また背筋が弱い方は、脂肪を燃焼させる筋肉が少ないため、脂肪が付きやすくなります。また腰痛があったりすると、筋肉が柔軟性を失い、冷えたりむくんだりして、固い脂肪に変わっていきます。

■背中の脂肪(習慣)

デスクワークなどによって、一日中同じ姿勢でいることが多いと、筋肉が柔軟性を失い、冷えたり、むくんだりして、固い脂肪に変わっていきます。特に、リンパが集中している脇から腰、脇腹にかけては、むくみやすい場所です。むくんだ状態を放っておくと脂肪が定着してしまいます。

.

◎腰の脇を流す

背骨からお腹に向かって

指関節を使って

脂肪と余分な水分を流します。

こちらも座りっぱなしの方、腰が痛くて前屈みになっている方、反り腰の方はコリやすい部分です。また、婦人科系臓器が近くにあり、冷えがあると痛い場合があります。痛くない程度に続けると、おなかの血流が良くなりします。

◎背中の脇の筋肉と脂肪を流す

背中の脇にある筋肉と脂肪を

指の関節を使って

筋肉と脂肪を上に流します。

背中のたるみにとても有効です。腰痛のある方は少し痛いかもしれませんが続けると改善されてきます。

◎胸の筋肉をほぐす

胸の筋肉を、

4本の指を使って

真ん中から脇を行ったり来たりしてほぐします。

あまりお肉がない場合は前屈みになり、お肉を寄せ集めるとよりやりやすくなります。

胸の筋肉をほぐし、血流を良くすることで、首肩腕にも血流が行き渡り脂肪が付きにくくなります。この筋肉をほぐすことで、良い連鎖が起き、肩こりも改善されます。

◎背中の余分なお肉を胸に流す

腕や背中から集めた余分なお肉を

手の平全体を使って

胸に向かって流します

首肩腕の筋肉をほぐし、血流を良くすることで、肩甲骨もほぐれやすくなり、血流が行き渡り脂肪が付きにくくなります。また、リンパを流すことで、余分な水分が移動して、短時間で脇がすっきりします。


ビフォー・アフター⤴︎⤴︎


✨印象が全然違う~ ✨

結論、これ一人でやろうと思ったら、気が遠くなると思います。

私自身もセルマジとハイフを平行して背中を維持しております。

▼ぜひ、楽して『夏目前』なので、痩身してみてください!

スパーハイフや12DWハイフも取り扱いあります。

ご予約はお手数ですが、LINE@でお願いします。


[クーポン内容]

▪️スーパーハイフ

🆕お試し価格/600ショット 8,800円

🆕お試し価格/1200ショット 17,600円

🆕お試し価格/1800ショット 26,400円

🚨ハイフ以外も☂️の日は20%オフ🎫

閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page