top of page

人気NO1【脱老け顔】アイシャドウ&小顔ハイフ4000S+2000S 6980円

【HIFU12DW使用】ハイフ4000Sと12DWハイフ『アイシャドウハイフ』で皮膚の浅い部分や目周り、小鼻脂肪を取りたい方、小鼻効果、ハイライト級の立体感も◎シワ改善や毛穴ケアへのアプローチ

  • 1 時
  • 6,980円
  • 高輪ヒルズ

サービス内容

#ブライダルエステ東京、#ブライダルエステ品川、#ブライダルエステ港区 ______________________________________________ HIFU(ハイフ)とは、高密度の超音波エネルギーをSMAS筋膜へピンポイントに照射し、たるみの引き締め効果が期待できる施術です。 正式名称を高密度焦点式超音波(High Intensity Focused Ultrasound)といいます。 ハイフは超音波によって施術するため、メスを使う外科手術のように肌を直接傷つけることはありません。顔のリフトアップ・フェイスリフトにアプローチできる新たな方法として、多くの女性から人気を集めています。 1-1.たるみの原因とハイフの仕組み 肌は、外側から表皮・真皮・皮下組織・SMAS筋膜・表情筋と、何層にも分かれています。 さまざまにある層の中でも、肌の奥にあるSMAS筋膜がゆるむことによって、皮膚のたるみは生じると考えられています。 <SMAS筋膜とは> SMAS筋膜とは、表在性筋膜と呼ばれる部位で、表皮上部から約4.5mmの深さにある層です。SMAS筋膜が衰えると、肌の土台を支えることができず、肌表面のしわやたるみにつながります。 とはいえ、SMAS筋膜は肌の比較的深い層にあるため、普段のお手入れではなかなかケアすることができません。 その点、ハイフから発出される超音波は、SMAS筋膜へピンポイントにアプローチすることが可能です。肌の土台から引き締めることで、肌の表面に現れるしわやたるみを目立たなくし、顔全体がリフトアップしたかのような印象を与えることができます。 1-2.ハイフとほかの施術の違い ハイフとほかの施術には、働きかける肌層の深さに大きな違いがあります。 一般的なたるみ治療に使われる機器は、表皮層や真皮層、深くても皮下組織(脂肪層)までが主なターゲットです。真皮や皮下組織を収縮させることで、肌を引き締めることを狙いとしています。 しかし、ハイフは表皮や真皮、皮下組織よりもさらに深いSMAS筋膜へアプローチできる施術です。筋肉に近いSMAS筋膜層まで作用することにより、肌を引き締めるとともに引き上げる効果が期待できます。 このように、肌の深層までアプローチできる点が、ハイフとほかの施術との違いです。 2.ハイフで期待できる効果 超音波のエネルギーを肌の深い部分まで届けられるハイフには、引き締めや引き上げ以外にも、さまざまな効果が期待できます。 ハイフで期待できる効果は、下記の通りです。 <ハイフで期待できる効果> しわやたるみ、ほうれい線を目立たなくする 二重あごなどのたるみを和らげる 肌の弾力をアップさせる コラーゲンの働きをサポートする このように、肌やフェイスラインに対する効果だけでなく、組織内のコラーゲンにも働きかける効果がハイフにはあります。 ハイフを使った施術を受ければ、さまざまな美容の悩みが解消が可能です。 お顔のたるみ治療や小顔治療で使用するHIFUを贅沢にボディに使用します。 ダイエットでは落ちにくい、ウエストや腰まわりの肉、二の腕のたるみ、太もも、ヒップなどの部分痩せ・ピンポイント痩せが可能。憧れのボディラインに導きます。


連絡先

  • 日本、東京都港区高輪2丁目12−56

    090-6559-9938

    lagranginza.medicalesth@gmail.com

bottom of page