top of page
検索

『脱・セルライト』しないといけない理由



🌳🌳🧊

セルライトとは!


セルライトとはただ単に太っていると言う状態とは違います。主に女性の皮膚に現れる凹凸の変化で、”オレンジの皮”のように表現される状態です。特に太ももの裏側や外側、お腹に起こる事が多いとされています。

ただの肥満であれば均一に脂肪が付いて膨らむのに対して、セルライトはボコボコした変化を起こします。

セルライトを簡単に解説すると、「セルライト」と「通常の脂肪やその周りの組織」は構成するものは同じですが、その形態が違います。

■セルライトには種類

セルライトには種類があり、主に脂肪型セルライト、浮腫型セルライト、繊維化型セルライト、筋肉質型セルライトに分けられます。

脂肪型セルライト:肥満によってため込まれた脂肪が老廃物と結びついたもの

浮腫型セルライト:脂肪細胞が余分な水分や老廃物をためることによってできるもの

線維化型セルライト:脂肪細胞にコラーゲン線維が絡みつくことで発生するもの

筋肉質型セルライト:硬くなった筋肉が脂肪をため込んでできるもの

◎セルライトの出来る原因

一度形成されると除去が非常に難しいセルライト。 日本の成人女性の約8割。その原因には肥満、加齢、生活習慣における運動不足、ホルモンバランスの乱れなどが考えられます。その多くに共通するのはリンパや血液循環の悪化です。

■肥満

肥満は、皮下脂肪が過剰に蓄積された状態を指します。皮下脂肪が多いと周辺組織が圧迫され、循環の妨げとなります。また、期間に関係はなく、長年の脂肪の蓄積はもちろん、短期間で体重が増加した場合にも、急な脂肪細胞の肥大化に周辺組織が対応できず、セルライトが発生します。

■ 加齢

加齢もセルライトが付きやすい特徴の一つです。その理由は、歳を重ねるごとに代謝が低下するためです。歳をとると代謝を支える筋肉が徐々につきにくくなり、筋肉量も減ります。すると、若いころと同じ運動をした場合でも消費するエネルギー量が減少します。こうして脂肪が燃焼しにくくなることで、セルライトがつきやすい身体になってしまいます。

■生活習慣(運動不足・偏った食生活・喫煙)

生活習慣における運動不足や偏った食生活、喫煙も同様に循環機能を低下させます。運動不足や同じ体勢が長時間続くと、リンパが停滞してしまいます。食生活や喫煙は、コレステロールやニコチンの影響で脂肪の増加や血行不良を招きます。

また、ホルモンバランスの乱れも、リンパの流れに悪影響を及ぼします。これは、ストレスや睡眠不足が原因の他、特に女性に起こりやすい症状です。

総じて代謝が低下することによって、リンパや血液の流れが悪くなり、セルライトが生じる要因となります。一度セルライトができると、

どんどん大きくなり、

悪化すると皮膚の表面がデコボコし、

見た目も悪くなります。

しかし、デコボコが表面化するのは中等度になってから、

それまでは皮膚の下で静かに脂肪を蓄えているため、

気づかないことも多いのです。

セルライトは、見た目の悪さで嫌われていますが、

注意しなければならないのは美容の面だけではありません。

セルライト自体は病気ではありませんが、

セルライトのできる人は、

そもそも生活習慣に問題がある場合が多く、

内臓脂肪を蓄えたメタボリックシンドロームか、

その予備軍であることが多いのです。


予防と除去、アプローチ出来るのは、

『ボディハイフ✖️セルライトマジック』がおすすめ🫶

パーツ痩せにもボディハイフとセルライトマジックで🩷

閲覧数:0回0件のコメント
bottom of page